ブログ運営

【GoogleAdSense】はてなブログでwww.無しのURLを転送して登録エラーを回避する

URLエラー回避

今朝、GoogleAdSenseへ申し込んだのですが、サイト登録コードの所でどうしてもheadタグに登録したコードが読み取れず途方に暮れておりました。

はてなブログProに移行してドメイン設定をした際、サブドメインwwwが必要とのことで設定したのですが、それが今回のGoogleAdSenseでの登録コードエラーの原因となっていたようです。

初心者ながらに色々試した結果、解決法が分かりましたので紹介します。。

結論

お名前.com(私の場合)で転送URL設定を使うことでエラーを回避出来ました。

転送元URL:http://smarthome-jp → 転送先URL:https://www.smarthome-jp.info

お名前.comでのURL転送サービスは元々無料で設定出来ていたようですが、残念ながら2019年10月現在は有料になってしまいました。

有料オプションとして月額料金100円(税込110円)です。

f:id:smarthouse:20191014064337j:plain

コードが確認できない理由

GoogleAdSenseのアドレス登録では、なぜかサブドメインwwwが消されてしまいます。

例として”https://www.smarthome-jp.info”と入力、入力後https://smarthome-jp.infoで認識されるという状況です。

headに記述したコードは間違っていないし、アドレスも合っている、何がダメなんだと思いつつ一日中悩んでおりました。

URL転送設定を利用する

サブドメインを除いたURLからwww有りのURLへ転送されるようにします。

お名前.comの場合は下記の方法で簡単にURL転送設定が可能です。

設定方法

お名前.com Naviにログインする。

ネームサーバー設定のDNS設定/転送設定をクリック

自分のドメインを選択して次へ

ページ下部にあるURL転送を利用するを”設定する”に

支払い情報の選択画面が出ますので、支払い条件を選択し次へ進みます。

URL転送設定オプションは月額100円(税込110円)です。

URL転送設定ページの新規追加(文字が小さい)をクリック

転送元URLにサブドメインwww無しのアドレスを入力 http://smarthome-jp.info/

※httpsは使用できないため、httpを使用します(アドセンスのURL登録でもhttpで登録してください)

転送先URLにサブドメインwww有りのアドレスを入力

www.転送設定はwww.なしのみを選択

その他設定は変更せず、保存するをクリック

以上で転送設定完了です。

まとめ

下記のページをみて、サイト登録コードのエラーはURLのサブドメインにあると気づき、URL転送することを思いつきました。

本当に助かりました。ありがとうございます。

また、URL転送の有料オプションですが、審査完了後は不要な為、オプションの契約解除を忘れずに。

ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 住まいブログへ にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 トヨタホームへ
ABOUT ME
やふ@Smarthome_JP
2011年に結婚し、2013年11月にはトヨタホームで家を建てました。 家族構成は私、妻、娘、息子の4人。 毎日子供の成長を見届けるのが楽しみです。 夫婦仲は良い方ですが、お互い我を通す方なので、些細なことで大喧嘩に発展することも。 ブログでは住宅に関する話題、趣味や日常で気になったことを取り上げます。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。