間取り

リビングの間取りはL字型とI字型どちらを選ぶ?

リビングの間取りの形状やレイアウトは家の大きさ・形に影響してくるので、皆さん慎重に考えられていると思います。

どう配置すれば使い勝手が良いのか非常に迷いますよね。

注文住宅で建てる場合、まずはリビング周りのレイアウトを考える必要があります。

キッチンの真横にダイニングテーブルがあるL字型のリビングか、対面にテーブルがあるI字のリビング、どちらが使いやすいのでしょうか。

今回はリビングの形状について考えていきます。

この記事はこんな人におすすめ

・L字型リビングとI字型リビング、それぞれのメリット・デメリットが知りたい
・LDKの配置で迷っている
・キッチンの使い勝手が気になる

L字型リビングのメリット・デメリット

引用元:https://www.toyotahome.co.jp/chumon/jitsurei/0141/

L字型リビングはダイニングエリアがリビングに対してL字に配置されている間取りです。
一般的にキッチンの横にダイニングテーブルがくることが多いです。
本来、L型リビングはI型に比べ対角線が短くなり空間が狭く感じるのですが、上記写真はリビングとダイニングの空間を上手くずらしており、下記間取り図のように対角線を長く取る間取りとなっているため、とても広く感じます。

引用元:https://www.toyotahome.co.jp/chumon/jitsurei/0141/

メリット

・キッチンの真横にダイニングがあるので、料理の持ち運びがすごく便利
・ダイニングテーブルを料理中の作業台として使用出来る
・料理の途中で休憩したい場合、すぐに椅子に腰かけて休むことが出来る

日常、キッチンを使用する上ではダイニングも作業スペースとして使え非常に便利ですね。
ダイニングテーブルに直接、料理を置けるというのも毎日料理する上では重宝します。

デメリット

・空間が横へ広がる為、部屋が少し狭く感じられる
・ダイニングとキッチンの繋がりはとても良いが、リビングが孤立してしまう
・配置によっては洗い場とテレビの距離が近くなり、雑音でテレビの音が聞こえなくなる

嫁妹の家はL字型のリビングなのですが、うちとほぼ同じ面積にもかかわらず空間がばらけるだけに少し狭く感じられました。
しかし、ダイニングの使い勝手は凄く良かったです。

I型リビングのメリット・デメリット

引用元:https://www.toyotahome.co.jp/chumon/jitsurei/0148/

I字型リビングはリビング・ダイニング・キッチンが一直線上に配置されている間取りです。
一般的にダイニングテーブルはキッチン洗い場の前に配置されます。

引用元:https://www.toyotahome.co.jp/chumon/jitsurei/0148/

我が家と間取りが凄く似ている実例で、I型リビングの為、普通に広くみえますが、ダイニングとリビングの空間を少しずらすことで対角線が長くなり、さらに広くみせることが可能となります。

メリット

・ダイニングとリビングが繋がった空間となるため一体感が出て空間をが広くみえる
・ダイニングからは対面キッチンとなるため、プライベートなキッチンを確保できる

空間を広く見せられるというのはかなりのメリットです。
キッチンをお客に見られたくない場合、I字がベストですね。

デメリット

・食事が運びにくい
・キッチンが孤立した空間となり狭くなりがち

キッチンの使い勝手からいくと、真横にテーブルがあるL字型の方が便利ですね。
カウンターを付ける等して配膳しやすいように工夫すれば、食事が運びにくいということは特にデメリットでもないように感じます。

我が家の場合

我が家ではI字型+対角線考慮の間取りにしています。

一階間取り図一階間取り図

I字型リビングなら部屋の角と角を結ぶ対角線が長くなるような間取りにしやすいので
リビングとダイニングは少しずらすように配置することで空間を大きくみせられます。

さらにリビングとダイニング・キッチンの空間を南側へ少しずらし対角線を長くしています。

I字型リビングでも、キッチン前に食事を置くことが出来るカウンターを作ることで便利に配膳が可能となります。

まとめ

どちらの型式でもメリット・デメリットは存在します。

【L字型】
キッチンの使い勝手はとても良いがプライベートが保ちにくい
対角線を長くすることで少しでも空間を広く見せる工夫が必要

【I字型】
LDKで一体感があり空間を広く見せることが出来る
キッチンのプライベートが保てるが使い勝手はL字型より劣る
配膳しやすいようにキッチン前にカウンターを付けるなど工夫が必要

我が家の場合はI字型リビングで、リビングとダイニングの空間を少しずらし、部屋の角と角を結ぶ対角線を長くして空間が広くみえるようにしています。
I字型のメリットとしては大勢のお客が来た時でも、キッチン側には用事のある人しかいかないためプライベートが保てますし、リビング・ダイニングの繋がりにより空間が広く使えます。
トータル的にはI字型で良かったと感じています。

キッチンの使い勝手を良くしたいならL字型リビングキッチンのプライベートを保ちリビングを広く使うならI字型リビングという感じに、どちらが普段の生活に近いか確認し、生活プランに応じて検討が必要ですね。

ABOUT ME
やふ@Smarthome_JP
2011年に結婚し、2013年11月にはトヨタホームで家を建てました。 家族構成は私、妻、娘、息子の4人。 毎日子供の成長を見届けるのが楽しみです。 夫婦仲は良い方ですが、お互い我を通す方なので、些細なことで大喧嘩に発展することも。 ブログでは住宅に関する話題、趣味や日常で気になったことを取り上げます。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA